【文芸】本屋が20年で半減。閉店相次ぐ「大手書店チェーン」の生き残り策とは


tatemono_honya.png 1990年代以降、ネットの普及や他の娯楽の充実等が原因で活字離れが起き、出版不況が続いています。出版業界の市場規模は1996年の2兆6500億円とピークを迎えたのちに減少し続け、2021年は1兆2000億円とピーク時の半分以下にまで落ち込みました。


ソース:https://bizspa.jp/post-607340/

Source: 政治2