【地方】過疎地でガソリンスタンド不足が深刻、生活にも影響…政府が経営支援策を強化へ


gaso01.jpg 政府は、ガソリン需要の縮小で経営悪化が見込まれるガソリンスタンドの支援策を強化する。店舗を集約したり、自治体が整備して企業に運営を任せる「公設民営型」店舗を設けたりした場合に補助金を出す事業が柱だ。電気自動車(EV)の普及が見込まれる今後も、当面はガソリン車が一定数残るため、供給網を維持する必要があると判断した。


ソース:https://news.biglobe.ne.jp/economy/0830/ym_210830_2988952125.html

Source: 政治2