労働生産性、先進7カ国で最下位 効率的な働き方進まず-日本生産性本部


経済ニュースロゴ
日本生産性本部は20日、2016年の労働生産性の国際比較を発表した。一人の労働者が一定の労働時間でどれだけのモノやサービスを生み出すかを算出。日本の1時間当たりの生産性は46.0ドル(約4700円)で、経済協力開発機構(OECD)加盟の35カ国の中で20位、先進7カ国(G7)で最下位だった。


ソース:https://this.kiji.is/316157741021807713

Source: 政治2